no title
120406_1132~01.jpg
さくら
| 三月 | 雑記 | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) | -
「恐れずに、楽しもう」
3月29日に大阪で日本代表とJリーグ選抜による復興支援チャリティーマッチが行われます。
このイベントに関してのセルジオ越後さんのコラムにとても励まされたのでご紹介。

【セルジオ越後コラム】恐れずに試合を楽しもうじゃないか
 http://footballweekly.jp/archives/1617260.html

ぎゅっと来たとこ抜粋。

「今回の災害の被害者は、日本国民すべてだ。こうした試合を通じて、観た人々がエネルギーを得る。そのエネルギーで、被災者のための分まで日常生活、経済活動をがんばることも、義援活動だと思う。

 政府が発表する情報に戸惑い、恐れる気持ちはよくわかる。でも、今回の災害は、これまでに我々が経験したことのないものなんだ。一過性の募金活動で立ち直れる規模のものではない。生半可な気持ちでは太刀打ちできないスケールだ。

 この国に生まれ、この国に住んでいる限り、それぞれが現在の立場で、力を合わせてやるしかないじゃないか。自分だけ水を買い占めてどうするんだ? 余計な考えは捨てて、日常を取り戻そう。恐れずに試合を楽しもうじゃないか。」



あと日経新聞に掲載されたカズさんのコラムもとても良かったです。

生きるための明るさを 三浦知良・サッカー人として

「悲しみに打ちのめされるたびに、乗り越えてきたのが僕たち人間の歴史のはずだ。とても明るく生きていける状況じゃない。でも、何か明るい材料がなければ生きていけない。

 暗さではなく、明るさを。29日のチャリティーマッチ、Jリーグ選抜の僕らはみなさんに負けぬよう、全力で、必死に、真剣にプレーすることを誓う。」


さすがキング。

サッカーは、Jリーグ発足当時にちょっと騒がれてたのを覚えてるくらいで、あとはW杯やEURO選手権のときにミーハーに騒ぐくらいしかしない私でも胸が熱くなりました。





| 三月 | 雑記 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(1) | -
no title
大きな地震でした。
みなさんご無事でしょうか

私は、電車が動いてないため、帰れないみなさんと一緒に会社の指示に従って避難中。
って打ってる間にもちょっと大きな揺れが!
かなり頻繁に余震来て怖いですが、ちゃんとご飯食べて温かくしてるので、私に関してはご安心ください。

みなさんもどうぞお気をつけて!

| 三月 | 雑記 | 20:25 | comments(6) | trackbacks(0) | -
今日の和み。


いや大変なことなんだけども!
| 三月 | 雑記 | 18:29 | comments(1) | trackbacks(0) | -
渋谷で2600人が
尖閣諸島問題に対してデモ行進を行ったそうです。
私は今日目が覚めてから、ネットをうろうろしていて知りました。
大手新聞社等のサイトには一切取り上げられておらず、
いつもPCやモバイル関連の情報をもらいに行くサイトの方で知りました。


「尖閣渋谷2600人デモ」海外メディアは大々的に報道するも日本のマスコミは華麗にスルー
(ガジェット通信)

現在問題となっている尖閣諸島問題に対して渋谷で2600人がデモ行進を行ったのはご存じだろうか。このことは日本よりも海外のメディアが大々的に報じておりなんと日本の地上波テレビニュースやそのほかメディアでは全く取り上げられていない。

CNNのサイトでは「China accused of invading disputed islands」という見出しで取り上げており、写真も掲載されている。日本では希にない大規模デモ。最近では外国人参政権反対デモなどが記憶に新しいだろうか。

実際にGoogleで検索してみても出てくるのはブログばかりでマスコミは一切出てこない。
デモ隊は「尖閣諸島は日本固有の領土です 中国の領海侵犯をゆるさない」や「中国の圧力恫喝に屈した弱腰の民主党政府を許さない!」などと書かれたプラカードを手に持ち行進している。中には英文に訳された物まである。

今回のデモ行進はマスコミだけでなく民主党側も華麗にスルーしそうだ。



フリーチベット問題のときもそうですが、
こうして行動を起こしているhとたちがいることを、どうして伝えないんだろう。
もしもその行動に批判されるべき点があるならばそのことも指摘して報道すればよいのだし、
そうでなければ、なんで取り上げないのか分からん。
デリケートな問題だから?
どこに対する配慮?

「報道の自由」は「報道しない自由」なんて言葉を聞いたことがありますが、
マスコミ側の判断で取り上げるニュース・情報が取捨選択されるのはともかく、
いま、国民の関心高まる問題に関してのこのような情報を取り上げないと言うのは
国民の「知る権利」を著しく損なうものですし、
マスコミの言う「報道の公共性」にも反しているのではないかと思うのですが如何。

続きを読む >>
| 三月 | 雑記 | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
最近のわたくし。
・暑い。
・きっと今日は8月35日。まだ夏終わってない。

・扇風機壊れた。
 10年連れ添った戦友だが今年の酷暑の前に斃れた。南無。

・このままだと次は自分が逝ける。

・新たな戦友を求めてヨドバシへ立ち寄る。

・なぜかマウスを購入。
 まぁ前から反応悪くてちょっとストレスだったの。

・レーザー式反応良過ぎる。
 反応良すぎて目が追いつかない。→速度調節で一番遅くしてみたけど負けた。

・平沢進祭り続行中。

・ジャイキリアニメ 9/25 18:25〜 NHK教育
 「いい年してアニメ…」と言われながらBS録画頼んだのに…。

・最近の防災訓練は親御さんが迎えに行かねばならんらしい。

・右手親指の爪が白いとこから1.5mm下のとこから割れてきた。
 トップコートでカバーしてみたけどとにかく使う指の力かかる場所だから効果弱し。
 このままだと流血確実。ぶるぶる。

・結局扇風機買ってない。

・この週末の暑さすごいらしい。

・このままだとマジで逝ける予感。

・逝ったときのために言っとく。みんなありがとう。

・そんな事態はごめんなので明日こそ扇風機新調する。
| 三月 | 雑記 | 21:02 | comments(2) | trackbacks(0) | -
川本喜八郎先生。
今敏監督のあまりに早すぎるご逝去に呆然としながら、
追悼の意を込めてひとり平沢進ナイトを敢行しておりましたところ
(つってもCD聴くだけですが)
昨日、今度は川本喜八郎先生の訃報に接しまして、再び呆然としております。

お年がお年なので大往生と申し上げるべきかもしれませんが、
なんつーか、こう、一つの時代が終わっていくのだなとしみじみ噛み締めます。
川本先生はどの人形にも魂を吹き込んでいらっしゃいますが、
特に、孔明人形をこよなく愛されておいででした。

これあちこちで喋ってるエピソードなんですが、
私が中学生くらいのころ、友人が人形展に出かけたところ、
ちょっとした川本先生の講演があり、ファンとの交流をなされていたそうです。
先生は孔明人形を膝に乗せて時折ちょっと動かしながらお話されていたのですが、
「人形の動きがとても細かく素晴らしいですが、仕組みはどうなってるのでしょうか」
と、ファンからの質問があったそうです。

先生はにっこり微笑まれ、抱えてらした孔明人形を傍らに置くと、
並んでいた人形の中から周瑜を選んで、装束をバリっと剥がし、
背中のからくりを見せながら「こうなってます」と実演されたそうです。

私はNHK人形劇三国志を初めて見た小学生の自分からあの孔明に恋をしており、
その友人は周瑜を愛しておりましたので、
このある種の周瑜に対する辱めを呆然と眺めながら
「おのれ孔明、こんなところでも……!」と歯噛みしたそうです。

川本先生、ホントにいろいろとよく分かってらっしゃる、と
当時もほくそえんだものですが、いま思い返しても
わかりすぎだろう!とつっこまざるを得ません。

私を「三国志」に導いたのはすべてあの孔明人形の美しさでした。
川本先生、ありがとうございました。

おやすみなさい。

| 三月 | 雑記 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | -
no title
ちょっとお聞きになりました?
あのドイツの本気っぷりがおそろしい「小さなバイキング ビッケ」が、夏のキッズフィルムフェスティバルで上映するそうですよ奥様!(誰)

てわけで日程次第ではありますが、見に行きたいなー。

前売り発売は21日から。
買っとくべきかしら。
| 三月 | 雑記 | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | -
おかえり「はやぶさ」
そしておつかれさま。

はやぶさが最後に写した地球

 宇宙航空研究開発機構は13日、小惑星探査機「はやぶさ」が
大気圏突入の直前に撮影した、太陽に照らされて輝く地球の写真を公開した。
 撮影を担当した宇宙機構の橋本樹明教授によると、2時間ほどかけて
はやぶさの姿勢 を整えて5、6枚を撮影。ほとんどが真っ黒な画面だったが、
時間ぎりぎりの最後の1枚に地球の姿が残っていた。
 約30分後には大気圏に突入し、本体は燃え尽きたとみられる。

 撮影したカメラは小惑星「イトカワ」を撮影した際にも使われたが、
省エネのためその後電源を切っており、起動するか分からないとされていた。
 はやぶさは最後の最後まで期待に応えた形になった。

<河北新報社>


昨夜は最後の「はやぶさ」をリアルタイムで見ようとしたけど
どこのサイトも混雑で入れなかったのが残念。



アップしてくれた人ありがとう。
見ながら泣けてきた。不思議。
続きを読む >>
| 三月 | 雑記 | 10:46 | comments(2) | trackbacks(0) | -
徒然日記に内容なんてない。
100505_1209~01.jpg
やっぱり雨だと肌寒いなぁ。

このブログはmixi経由で母も見てるんですが、
映画感想とか本読んだとか遊びに行ったとか、
そんな記事見て「遊んでばっかり……」と
心配されてしまうのですが、
それ以外に何を書けばいいのかわかんないんだぜ(笑)。

そんな生活がいかんのか。

NHKの「ハーバード白熱教室」が面白いです。
サンデル教授の政治哲学の授業を撮影編集したものです。
第5回からしか見てない上に、一度見ただけだとイマイチ理解が追い付かないのですが。

第1回からもう一度再放送を熱烈希望。
そしたら録画して(もらって)じっくり見るんだ。
| 三月 | 雑記 | 19:31 | comments(1) | trackbacks(0) | -