映画「幸せの1ページ」
 これまた駆け込みで「幸せの1ページ」を見てまいりました。
 アビゲイルちゃんとジェラルド・バトラー目当てでした。

 原題が「Nim's Island」というように、主人公は孤島の少女の方。
 予告ではジョディ扮する人気冒険小説家の方がクローズアップされてましたが、知名度の差でしょうか。
 ってそれで言えばジェリーの扱い小さすぎるな(ほろり)。

 映画は冒頭からかなり好きな感じ。全体に子供向け小説を映画にしましたと言うテイストでかなり戯画化されているので単純明快で、時々ファンタスティックでよいです。
 島で生きる二人きり(+動物)の親子が可愛くてねぇ。
 あーアビゲイル可愛いなぁ。
 「リトル・ミス・サンシャイン」でも走ったり踊ったりするシーンがあって、それがまぁ、微妙にイモっぽくて、それが味で大変良かったのですが、今回の作品で、ああこの子あんまり運動神経良くないんだろうなぁと思い微笑ましい気持ちになりました。
 充分美少女なのでこのまま垢抜けないでいて欲しいところです。

 物語は、サンフランシスコの小説家と、島の少女と、研究のために海に出て嵐に巻き込まれて遭難しちゃった父親のパートに分かれて進んでいきます。
 小説家が都会で引きこもってるなら、親子は島で引きこもってるようなもので(父は島の正確な位置を誰にも教えておらず、インターネットを通じて論文を書いたり研究者からの質問に応える以外の交流を断ってる)、この両者が、それぞれに殻を破って外へ出て、出会い、触れ合うまでを描いております。

 触れ合ったところが1ページ目、というわけですな。

 以下ネタバレしつつ感想です。
 個人的には遭難した父ちゃんが六分儀で星の位置を測り現在位置を割り出そうとするところが非常にピンポイントに見所だったのですがさらっと流されちゃって残念でした。
 ってそりゃそうだよねー。海洋小説じゃないもんねー。
 まあいいんだ。

 しかし嵐の中プロペラ回して進もうとするところ、あれは無茶にも程があるよね。
 あんな嵐の中抵抗減らさなきゃそりゃへし折れるって。
 しかしあの状況で咄嗟にあんなものを作ってしまうなんてスゲーよ父ちゃん!

 で父ちゃんが奮闘してる頃、娘も奮闘中。
 嵐で壊れたソーラーシステムを復旧させ、荒れた部屋を掃除し、火山の噴火口を覗きに行き、島に侵入しようとする海賊を追い払おうと頑張る。
 本当は、あのお客さんたちを見れば海賊ご一行じゃないことはさすがに分かってたと思うんですが、何しろ「パパと2人だけの秘密の島」なので他の人間にはいて欲しくないんですな。
 だから、少年との接触は失敗する。

 冒険家に助けを求めたのは、この危機的状況を不在のパパの代わりに何とかしてくれると思っていたからこそ呼んだわけで、本人も言っていたように、「何も出来ないならいらない」わけです。
 このあたり、潔癖症で外出恐怖症とはいえ街中で、文明に接して年齢を重ねている小説家よりも根が深いです。

 だって彼女にとってはその島が世界のすべてなんだもんね。

 てわけで、少女が、小説家に心を開き、信頼し、受け入れるまでをもう少し描いて欲しかったな。パパの帰りがもう2日くらい遅ければそんな時間もあったんだろうと思えるんだけど、如何せん一晩じゃ短すぎるよ。

 ジェリーが二役をやっていたのは、ニムが冒険家への憧憬に父への思慕を重ねていたからと言うあざとい作りなのでしょうかね。
 小説家にとっての長年の「パートナー」である冒険野郎アレックスの代わり(というか実在版というか)であるのはもちろんですが。

 そうそう、そんなわけであの取ってつけたような一見親子3人みたいな図はどうかな。
 出会いが1ページ目だとするなら、あのシーンは物語の中盤で、そこにいたるまでのいろんな出来事は自分たちで想像したまえよということなのだろうと勝手に補完することにします。
| 三月 | 映画 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(8) | -









http://moon.honeybee.pepper.jp/trackback/835960
「幸せの1ページ」
「幸せの1ページ」観ました。 南の孤島で変人のパパと暮らす少女が大ピンチに! それに気づいた、遠く離れたアメリカに住む潔癖症の女...
| クマの巣 | 2008/09/29 8:18 AM |
幸せの1ページ(2008年)
作家アレクサンドラ・ローバー(ジョディ・フォスター)は、”アレックス・ローバー”を主人公にした大人気冒険小説を書いているが、彼女には対人恐怖症で外出恐怖症、そして不潔恐怖症と言う秘密があった。そんな彼女が、煮詰まりつつある執筆中の小説のネタのために出
| 勝手に映画評 | 2008/09/29 8:06 PM |
幸せの1ページ
ジョディ・フォスターとアビゲイル・プレスリンがアクション・アドベンチャーで初共演。引きこもりの小説家アレクサンドラと、南の島で暮らす少女ニム。大切なものに囲まれた自分の世界に生きている二人を、アレクサンドラの書く冒険小説のヒーローが織りなすハッピ
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2008/09/29 8:08 PM |
幸せの1ページ
幸せの1ページ - goo 映画9月20日映画館にて 映画が始まってタイトルがスクリーンに広がった。 「NIM'S ISLAND」 あれ、これって「ニム...
| 近未来二番館 | 2008/09/29 11:48 PM |
幸せの1ページ
ベストセラー冒険小説家アレクサンドラは、自分が書くヒーローとは正反対に潔癖症の引きこもり。 ある日ネット検索中に、南の島で暮らす海洋生物学者ジャックの記事を見つけ、メールを送る。  返事の相手は彼の娘ニム。 無人島で暮らす少女からのSOSメールに、一大
| 象のロケット | 2008/10/01 11:47 AM |
幸せの1ページ 2008-51
「幸せの1ページ」を観てきました〜♪ 海洋学者のジャック(ジェラルド・バトラー)とその娘ニム(アビゲイル・ブレスリン)は、南海の孤島に住んでいた。或る日、ジャックは藻の産卵を観に行くために小船で海へ漕ぎ出す、留守番を頼まれたニムはジャックのメールを
| 観たよ〜ん〜 | 2008/10/01 10:58 PM |
【2008-208】幸せの1ページ
人気ブログランキングの順位は? 人生なんて、 たった1行で変えられる。 ひきこもりの冒険作家に ドアを開けさせたのは、 南の島の少女からの SOSメールだった!
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/10/18 5:52 PM |
【映画】幸せの1ページ…の記事&そういえば先々週、鳥栖に行きました
{/kaeru_fine/} ひとつ前の記事で予告したとおり、本日2つめの記事です{/face_nika/} まずは、ここで溜まりに溜まった{/ase/}近況報告(の一つね) 先々週2009年5月10日(日曜日)、またまた「鳥栖プレミアム・アウトレット」に行ってきました。私は既に季節を過ぎた
| ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 | 2009/06/10 11:35 PM |