「石油価格が取引に損害を与えたので、風で動く大型帆船はもう一度重要です」
 今月更新まめですが、通信簿を意識してるわけではないですよ。←言い訳がましい。

 さて、ネットの海を徘徊してましたらこんなニュースに出会いました。

 Wind-Powered Tall Ships Are Once Again Important As Oil Prices Hurt Trade

 タイトルは機械翻訳そのままです。



 内容も機械訳のままガツンと紹介してみましょう。(いやもうちょっと頑張れ)

 時々、我々を古いテクノロジーの価格を実現させるのにエネルギー危機かかります。石油価格が急騰して、高い風で動く船はますます生き残れる選択肢のように見えています。


 現代の時代に帆船で輸送されるフランスのワインの最初の商業的な貨物は、6日の旅行の後、今週ダブリンに到着することになっています。108年を経たボート(Voile(CMTV)流にフランスの船会社CompagnieデTransport Maritimeによってチャーターされる)は、30,000本のワインを運んでいます。

 船が8ノットの最高の速度で移動するけれども、— 現代の貨物vessel―itの半分の速度は、完全に無公害です。世界を旅している50,000台の他の商船は、毎年8億トンの二酸化炭素を発します。

 キャサリーンと5月は、石炭と粘土を輸送することに大部分のその命を費やしました。それは、1960年に商業サービスから取り出されました。CMTVが南フランスから80人のブドウ園のオーナーのために船に彼らのワインのボトルをアイルランドへ運ぶことを契約して、現在、それは仕事中にもう一度難しいです。同社はボートを使っているフランスにアイリッシュウイスキーとスコッチを持ってくるためにもう一つの取引にも取り組んでいます、そして、それは結局、輸送のためにそれ自身の大型帆船を建造するつもりです。

 CMTV が、何かにあるかもしれません;Shipownersのフランスの協会によると、風で動くボートは、商業的な輸送料市場の.5%を捕えることができました。これは、あなたが世界の交換された商品のその90%と考えるmuch―untilがボートによって輸送されるようでないかもしれません。

 大型帆船は化石燃料で動く船より少しゆっくり動くかもしれません、しかし、彼らの最小の環境影響は彼らに将来に対する海取引の最高の望みを作ることができました。


 エコが叫ばれるいま! 原油高のいま!

 帆船ほどエコロジーな乗り物はねっすよ。どうっすか!?

 木造船作ろうと思ったらまた森が減っちゃうけど、いまなら別にねぇ。
 これまで1週間で届いてたものが風向きによっては1ヶ月かかっちゃったりするかもしれないけどさ(笑)。

 大海原に真白い帆を上げた船の美しい姿を見てみたいものです。
| 三月 | Royal Navy | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://moon.honeybee.pepper.jp/trackback/818797