トラファルガー海戦200周年
 6/28にイギリスはポーツマスで、トラファルガー海戦200周年を記念して国際観艦式が行なわれました。

 世界中の軍艦・帆船が集まるなか、エリザベス女王もご臨席なさり、なかなか壮大なイベントとなったようです。
 BS1のニュースでもちらりと取り上げたそうですが、ご覧になった方いらっしゃいますか?

 BBCのニュースサイトの写真や、Getty Imagesなどで写真を見るだけでもウキウキソワソワします。

 特にGettyの、帆船から花火を打ち上げている写真や、それで空が赤く染まってる写真なんかはまるで「燃える戦列艦」みたいでドキドキっす。
 ああ、ホーンブロワー君やブッシュさんが「装填!」とか言ってそうな気がする……。 
 ホーンブロワーは、ネルソン提督のお葬式の実行委員にされちゃったりした辺りから考えて、こういうイベントごとでも必ず駆り出されてしまってそう。
 絶対、あの花火上げてる艦指揮を任されちゃってるね。
 「晴れがましい大役だけれど、成功して当たり前、失敗すればどれほどの〜〜」とか考えて胃を痛めてたり。

 上がった花火に見惚れて、うっかり手を休めちゃう水兵を叱り飛ばすブッシュさんとか。そんで「大声を上げるな、聞こえる!」と慌てて叱っちゃうホーンブロワーとか。

 その頃陸ではペリュー提督が貴人のご案内なんかをして「あの艦の指揮を取っているのは君の部下だそうだね、サー・エドワード」とか言われて「そうなんです。実に優秀な男で、今日の大役も立派に務めるでしょう」とご満悦だったり。

 ああいかん、そういうこと考えてると楽しくなりすぎる……。
| 三月 | Royal Navy | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://moon.honeybee.pepper.jp/trackback/194382